不安で不安な不安神経症

とにかく不安な毎日

療法



岩井寛『森田療法』


分かりやすくためになる本だった。ちょっとだけラクになる。


森田療法というのは「あるがまま」目的本位、というものである。自分の気持ちは置いといて~、ということ。とにかく行動を起こす。


1、自分の生きてきた時間、自分が置かれてる空間を含めて、自分の存在を正しく認識する。
2、自分の苦悩が、「とらわれ」に陥っていないかどうかを検証する。
3、不安や葛藤の性質を顧みて、とらわれているということがわかったならば、その「とらわれ」の内容を整理し、それをあるがままに認める。
4、自分の真の欲望が何なのかということをじっくりと考えてみる。
5、自己の人間としての欲望、つまり「生の欲望」を実現するために、目的本位の行動をとる。
6、以上のような思考・行動を通じて、自己陶冶、自己確立をはかる。
7、人間としての自由を求め、それなりの個性を生かし、創造的な生き方を試みる。



ん~、かなりのミッションインポッシブル。


とにかく自分のことを考えない、というのがすごく難しい。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。